家作りの注意点:コンセントの数をケチってはいけない!

コンセントの場所と数はストレスの無い生活をする上で大変重要であり、間取り検討と同じくらい電源周りについても時間をかけて設計してもらう必要のあるテーマの一つである。ここではその理由ついて紹介する。コンセントだからといって甘く考えないで、ストレスの無い生活をする上では非常に重要な検討項目であることを知っておいた方がよい。このブログはこれから家作り考えている人たちにとって絶対に参考になるはずだ。是非読んで頂き、家作りの参考にしてほしい。

コンセントの数をケチると後から後悔することになる。

試しに建売住宅を購入した人達に聞いてみてほしい。コンセントは足りているか?私は二人の同僚に確認したところ、二人とも不足しているという。では具体的にどんなとこが不足していると感じているか確認したところ、大きく二あった。

一つは玄関周りとキッチン周りだ。玄関は掃除機をかける上でコンセントがないと不便。キッチン周りは言うまでもない。

もう一つは外に無いことだ。家を持つと以外と外で電源を使用するニーズがたくさんあることに気づく。例えば芝刈り。その他、埃を被った製品を外で掃除機で吸いたい時などだ。

このほかにも色々あったが、主に掃除をしたい時に不便を感じているようだった。

また、私の経験によるものだが、アパート暮らしを経験したことがある人なら既にお気付きだと思う。たこ足配線を使っていなかっただろうか?この時点でコンセントが不足しているのだ。夢のマイホームでたこ足配線は見苦しくなる上、埃もたまりストレスの温床になること間違いなし。

そのため各部屋に必ずコンセントを設置するように心掛けたほうがよい。値段もたかが知れているので、安易にコストを抑えず追加しよう。

コンセントの取り付け位置も工夫しよう。

割とコンセントは部屋の隅の下に位置するところに設置していあるイメージであるが、TVを置くスペース等を既に決めている場所があるならば、このイメージはやめたほうがよい。

例えばTVならこうだ。TVはTV台の上に置くことが一般的だと思うが、コンセントの位置がTVの裏側にあったら便利だと感じたことは無いだろうか。つまりTV台よりちょい上の位置に始めからコンセントを設置しておく。こうすることで部屋の隅のコンセントまで延長コードを使用して繋げる必要がなくなる。当然、TVアンテナのジャックの位置も同様の考え方だ。

DSC_8975

Panasonicのマルチメディアコンセントはコレを1セットとして設置出来る上、LANケーブルジャックも取り付けることが出来る。値段は少々かかってしまうが配線をスッキリ出来るので是非検討してみてほしい。下の写真のように我が家では床下50㎝のところに設置してある。

DSC_8977

キッチン周りでは炊飯器や電子レンジ、ポット等で色々コンセントが必要になることが多い。この場合でも同様だ。あらかじめ置く場所を決めておけば一番近い位置にコンセントを設置することが出来る。我が家ではキッチン周りのコンセントを台の中に埋め込んで作成してもらった。こうすることで見た目がすっきりするだけでなく、コンセントも短くて済む。

DSC_8993 DSC_8994

このように何をどこに置くかしっかりと決めておいた上で、コンセントの位置を検討すると後からストレスなく使用することができるようになる。

まとめ

間取り検討をしていると、そちらばかり気になってしまい、コンセントの検討がおろそかになってしまうことがある。私も家を建てる時に同僚からのアドバイスがなければ、コンセントについてさほど意識することなく業者任せにしてしまったかもしれない。

キッチン周りの埋め込みコンセントの作成や、マルチメディアコンセントの設置依頼など、これらの要望は工務店でなくても可能なのかもしれないが、臨機応変に対応して頂いたことで私自身が納得した仕上がりになっている。折角の注文住宅だからこそ是非ここは積極的に自ら検討していくべき内容で業者任せにしはいけない。家が建ってしまった後からではなかなか変更が難しいところであるだけに、失敗しない家作りを頑張ってほしい。

その他の家作りの注意点

私が経験して学んだ家作りの注意点を以下のカテゴリでまとめているので、これから家を建てようと考えている方達は是非参考にしてみてほしい。

名称未設定
その他の家作りの注意点へ

絶対に注文住宅で失敗しない購入方法が分かる関連記事

家作りの注意点:住宅購入の流れと注意すべき点・失敗しない購入方法

2016.03.20

スポンサーリンク