家作りの注意点:住宅ローンは35年で組むべき?

注文住宅で家を建てるときって、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思うけど、住宅ローンってどの金融機関でも返済期間を選べる仕組みになっていると思います。

そこで何年ローンで住宅ローンを組むか考えることになるんだけど、月々いくらまでなら返済できるか考えてから、返済期間を決めるケースが一般的ではないかと思う。

私は、少しでも返済期間と返済額を少なくするために、検討当初は35年ローンではなくて、30年ローンで頑張ろうと思っていました。

だって35年ローンにすると、住宅ローン返済完了時の年齢が70歳になるから(35歳で注文住宅を建てたから)せめて65歳までには返済を完了したいよねって思ってたわけで、さすがに70歳まで住宅ローンを組むのはあまり現実的ではないと判断してたからです。

けど、最終的には35年ローンで組むことにしました。理由は簡単で色々なリスクを考えてみると、安易に返済期間を短くしないほうが良いと私なりに考えたからです。

今思えばこの選択で本当に良かったなと思っています。

そう思う理由を書き出しているので、返済期間を短かくして住宅ローンを組むべきかどうか悩んでいる方は、このブログを読んで参考にして頂ければと思います。

あえて月々の返済額を多くする必要はない

何十年先も現在の収入が維持できるかわからないというのがこの理由だ。最近になって冷静に考え始めたのだが、収入の維持って年を追うごとに正直難しいと思うんだよね。定年まで出世し続けて収入が増えていく人ってほんの一握りで、むしろ若い奴に抜かされて減額されるケースの方が高いんじゃないか思う。高度経済成長時代と違って日本は成熟社会だから出世できるポストなんてほとんどのないのが実情かなって勝手に想像してます。

仮に収入が維持できても、別のリスクとして支出が増える可能性だってある。

いい例が子供の学費や家族の病気など。

つまり毎月の返済額を

頑張って支払って行く!

計画で住宅ローンを組んでしまった場合、かなりの確率で将来破綻するのではないかと思ったからです。我が家も出産に伴い、支出が飛躍的に増えました。

住宅ローンは団信が必須

次の理由はこれ。仮に不慮の事故で亡くなった場合、住宅ローンは団信により返済が必要なくなることです。つまり頑張って支払っていた分は損します。

まあ損するという表現が正しいかはわかりませんが、

どうせ亡くなるのなら払わない方がいい!

ですよね。

よって、私は

繰上げ返済もやめました。はい!

この辺は人それぞれの考え方だと思います。

まとめ

支払い総額を意識するあまり、毎日切り詰めた生活にならないように住宅ローンは組むべきかなって思います。

とりあえず35年で組んで、期間を短かくしたければ繰上げ返済すれば良いだけですよね。始めから無理な返済額で返済方法の選択肢を狭めない方が心に余裕があって良いように思います。

どうでもいい文章を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

その他の家作りの注意点

私が経験して学んだ家作りの注意点を以下のカテゴリでまとめているので、これから家を建てようと考えている方達は是非参考にしてみてほしい。

名称未設定
その他の家作りの注意点へ

絶対に注文住宅で失敗しない購入方法が分かる関連記事

家作りの注意点:住宅購入の流れと注意すべき点・失敗しない購入方法

2016.03.20

スポンサーリンク