家作りの注意点:家を建てるなら地元の工務店が絶対オススメ。

ほとんどの人にとってマイホーム購入は人生で最大の買い物になる。そのためにも失敗はできないし、より理想に近づけたマイホームを誰しもが夢見て家を建てたいと思っている。そのためには家を建ててもらう業者選びが非常に重要であり、自分で選んだ業者次第でマイホーム購入後の生活環境が大きく変わっていくことは間違いない。このページは私がマイホームを購入するにあたって自分なりの業者選びの考えをまとめたページである。これからマイホームを購入しようと考えている方達への参考になればと思う。 

住宅展示場は勉強にはなるが、自分が建てる家という意味では参考にはならない。

考え方は人それぞれあると思うが、私は絶対ハウスメーカーより地元の工務店で建てる方が、自分や家族にとって納得できる家作りになると考えている。 まず家を建てたいと思ったら、ほとんどの人が住宅展示場に足を運びとっても素敵な家をたくさん見て素敵な想いをすることになるだろう。そして、こんな素敵な家に住めたらどんなに楽しいだろうかと夢を膨らますこと間違いなしの状態になるだろう。

吹き抜け 

ただ冷静になって考えて欲しい。住宅展示場クラスの家はまず一般サラリーマンには建てられない仕様ではないだろうか。あれだけのサイズとあれだけの設備を購入できる人はほとんどいないのではないかと私は思っている。その辺の事実に気付かず契約すると、さあいざ間取り検討といった時に自分の予算内では大した仕様の家が建てられないことに後から気付くことになると私は思う。実際に間取りの提案を受けるためには、まず契約ありきであることがこの事実すべてを物語っていると思う。 ハウスメーカーは住宅展示場に行けば短時間でそれなりに情報を得ることができるけど、結局のところ住宅展示場は勉強にはなっても、実際自分が建てられる家を見に行くという意味では全く参考にならないということを知っておいて欲しい。

パネル工法で自由な間取りは本当か?

各ハウスメーカーは自由な間取りを謳ってはいるが、実際のところどこまで本当なんだろうか。ハウスメーカーの場合、誰が建ててもある一定の品質が必ず担保できるようになっている裏には、大体は工場で汎用的な壁を作りまくってただ現地でそのパーツを組み立てるだけの仕組になっているからだと私は考えている。確かにその仕組みであれば誰が建てても一定の品質は保てると思うが、そんなパネル工法で自由な間取りができるとはとても考えづらい。実際に間取りを検討する段階になると、強度の問題がどうたらこうたらと言った内容で、かなりの制約がある中での間取り検討になると言った意見はよく耳にする。

おしゃれな手すり 

地元の工務店の方がよっぽど参考になる。

こういった経緯から私はハウスメーカーではなく、はなから眼中になかった工務店にも目を向けてみることにした。結果的に大正解だった。ハウスメーカーの洗脳見学会のような商売ではなく、実際自分たちが住めるであろうサイズの見学会や、契約なんぞしなくても契約を取るための間取りを一生懸命作成してくれる工務店が多く、非常に納得した上で家づくりを進めることができた。基本的に在来工法は取り扱っているので間取りの自由度も高く、他の家には無いような自分だけのオリジナルの家を一生に考えてもらうことが多かった。 また地元の工務店であれば、その土地や環境にあった提案ができるのも事実。大手ハウスメーカーはとりあえず長期優良住宅だから大丈夫みたいな営業だが、別にそんな高機能でなくても良い土地だってあるわけなので、家を建てる際は機能性というよりは、その環境にあった家を建てるべきだと私は思う。それに長期優良住宅にすると真四角総二階と相場は決まっている。なぜならその方が計算上で目標数値が出やすから。(工務店の人が言っていた。)何度も言うようだが、そんな数値を意識した設計を求めると自由の間取りなんてのはないに等しいと私は思う。

ハウスメーカーも良いところはたくさんある。

もちろんハウスメーカーがダメとは思わない。長期優良住宅なんかはどこのハウスメーカーも謳っているし、一定の品質は必ず保証されている。だから絶対品質重視という人はハウスメーカーをオススメする。この辺は人によって考え方があると思うので自分の目でしっかりと確認して選択してほしい。

これから家を建てようと思っている方へ

住宅購入は人生最大の買い物であり、失敗はできない買い物である。そのため購入にあたってはよく勉強し、広い視野を持って業者選びをする必要がある。私自身も住宅購入を考え始めた時は、ハウスメーカーしか眼中になかったが、最終的には建築士探しから工務店探しまで視野を広げて、結果的に工務店に落ち着いた。私は工務店を絶対オススメする。なぜならこちらの夢を語らしてくれて、単純にそれを発展させて提案してくる業者が多かったからだ。ただ自分のイメージをそのまま形にしてくれる工務店と出会うためには根気よく探す必要があるのも事実である。実際私も何社も見て回ったし、間取りも何社かは作成してもらった。 工務店探しはいきなり店舗に押しかけて、1件1件その業者の雰囲気を感じながら探すことになるから根気がいるし時間もかかるが、工務店はハウスメーカーには無い感じの親切さがあるし、契約しなくても提案料として数万円支払えば1件1件特色のある家を提案してくれる。そのため多少の出費はあるものの探している間も楽しく進めることができる。(提案料の有無は工務店によりけり) 工務店を見つけるのは結構大変だったりすので、以下の関連記事を参考に工務店を探してみるのもとってり早くて良い方法だと思う。是非活用して自分に合った工務店を見つけてほしい。

その他の家作りの注意点

私が経験して学んだ家作りの注意点を以下のカテゴリでまとめているので、これから家を建てようと考えている方達は是非参考にしてみてほしい。

名称未設定
その他の家作りの注意点へ

絶対に注文住宅で失敗しない購入方法が分かる関連記事

家作りの注意点:住宅購入の流れと注意すべき点・失敗しない購入方法

2016.03.20

スポンサーリンク