アトリエ秋葉原のPepper開発体験ワークショップ3に参加してきた。

ワークショップ3はDialogについての説明だった。 人間との対応に特化したスクリプトらしい。 確かに『Say』ボックス等をひたすら組み合わせるより、ずっと会話らしい会話ができる気がする。 色々試してみよう。 ちなみにQIChatの記法説明はこちら。 ただし、英語だけど。

ダイアログの応用

ワークショップでは特に説明がなかったが、後日勉強したことで知ることができた内容を記載しておく。

キャプチャ-19

これを知ったことで恥ずかしながら、ようやく「Aldebaran documentation」の使い方がわかった。ダイアログで u:(_*) $Dialog/LastInput とすると人間の台詞をそのままPepperが返事してくれる。いろんなAPIがあるので色々試してみようと思う。

その他のPepperアプリ開発情報

その他にもPepperアプリ開発についてのブログをまとめて記載しているので、以下のカテゴリ内も是非参考にしていってほしい。

名称未設定
その他のPepperアプリ開発ブログへ

スポンサーリンク