いたずら防止のカラーボックス

いたずら防止のカラーボックス作成に挑戦

子どもがお座り、たっちを始めると、触られたくないものの置き場所に困る。。。 我が家では、娘のものはおもちゃや絵本に限らず、オムツ、ガーゼ、ボディクリーム、 衛生用品も全て専用のカラーボックスに収納しており、普段遊ぶリビングに置いている。

DSC_9191

なのでたっちをすれば触れてしまう。中には塗り薬や綿棒など口に入れたら危険なものも(><) 危険なものは娘が触らないように、カラーボックスに扉が欲しい!

ということで、案は2つ。

①今あるものに扉をつける

②新しく扉付きのものを買う

そして市場調査の末、我が家では②を採択! ①の場合、カラーボックスに合う板だけで2000円ちょっと。これに蝶番などを加えたら3000円ほどに。

ニトリで扉付きのカラーボックスは1590円(税込)。

え?!こんなに安いの??

でも扉のままでは開けられるようになるかも、、、と思い、引き出しストッパーをつけて

完成!

DSC_8431 DSC_9199

見た目もスッキリして見栄えが良くなりました。

上段にはガーゼ、塗り薬、衛生用品。

DSC_9200

中段にはオムツ。

DSC_9201

左はどこでもオムツ替えができるようボックスにおしりふきやビニール袋も一緒に入れて収納。 右はオムツのストック。

下段にはタオル類。

DSC_9202

以上、カラーボックスのいたずら防止作戦でした。  

その他の共働き子育てブログについて

その他にも共働き子育てに関する記事を作成しているので参考にしてみてください。

夫婦子ども0歳
その他の共働き子育て記事へ

スポンサーリンク