社畜よ今決めるな!その知識が必要かは未来の自分が決めるんだ!

はじめに

最近になってから気付いたんだけど、勉強って必要になってから始めるのって既にスタートが遅れているんだなぁってことに気づかされました。

それと同時に今得られる知識や教養って、今の自分がその必要性を判断するのではなくて、将来の自分に判断してもらうものなんだなってことにも気付きました。

本当に今更なんだけど、何か始めようと思った時、もしくは始めたいと考え始めた時に自分の教養の無さを痛感しました。

何かにチャレンジしようと考え始めた時や、今の仕事では満足できなくなってきたときに、今までの自分の妙に悟った考え方が如何にダメダメだったのかを思い知らされたので、その内容を記事にしてみようと思います。

自分には必要ないという考え方が人間を小さくする

あなたは社畜ですか?

この問いに対して、

はい!

と言える方は、この記事を読んで考え方を改めて見ると良いと思います。

だって、この記事にたどり着いて読んでいるってことは、きっと今の自分を変えたい人だと思うから。

 

さて話を戻しまして、

よくある光景の一つとして、

会社の研修とか、それこそ大学の講義とか、

将来一体何の役に立つんだよ!

私はこんなことを言い訳に、自ら学べる機会を閉ざしてきました。

その結果ただの社畜に成り下がり、このザマな訳です。

何かしようにも知識が無さすぎて何もできない訳です。

ですので、この浅はかな考え方は今すぐ捨てましょう。

まあ良くあるありがちな考え方だとは思うけど、こう言った考え方が結局のところ自分を組織の歯車でしか働けなくなる人材に自らしているんだなと思います。

身を持って体験済みです。

 

最近になって自分を変えていきたいと思い始めたわけだけど、そんな風に考えるようになったところで、最初の頃は、

どうすれば良いんだ?

何から始めれば良いんだ?

こんな感じで大半の人はイキナリつまづく訳です。

 

そりゃそうですよ。

何も勉強してこなかったんだから。

そんな人間にイキナリ進化したいって言われたって到底無理な話な訳です。

そりゃ問屋はおろしませんよ!

当然そんな退化している人間に何か出来るわけもないし、見識も狭いから何も発想できないわけです。

そして大半の人はここで諦めて、

日々楽しく遊べるスマホゲームに課金しながら通勤するという人生

を送ることになる訳です。

通勤時間こそ自己実現のチャンス。ガチャ課金なんて勿体無い!

2016.11.21

私もそんなサラリーマンでしたが、今ではそんな人生絶対にゴメンですね。

そんなつまらん人生送りたくないです。

だってそんな中年オヤジを見て、情けねぇ〜って思いますもん。

だから自分は勉強を始めたわけです。

 

勿論、何でもかんでも勉強すれば良いって訳じゃないし、既に目的意識を持って何かにチャレンジ中ならば、必要ない情報は優先順の関係で切り捨てて良いと思いますが、

せっかく学べる機会がありながら日々何も勉強してないという状態は自分自身を大きく退化させ、社畜として成長していく道を歩むことになる訳です。

40代、50代で腐ったサラリーマンは大体こんな過程を踏んでいると思います。

その知識が必要かどうかは将来の自分が決めれば良い!

この事実にようやく気づきました。

勉強で得る知識って、今の自分が必要だから勉強するって考え方も勿論あるけど、必要かどうかは今の自分が決めるんじゃなくて、

将来の自分に決めさせれば良いんだ!

ってことをね。

自分で言うのも何だけど、色々な講習に参加するようになってからは、本当に見識が広がったと思うし、そうでないほとんど興味のない講習であったとしてもいざ顔を出してみると、

ふ〜ん、なるほどねぇ。

て、聞いているだけでもイキナリ閃きがあったりします。

この高揚感は本当にクセになります。

何か出来るような気がする!?

って気持ちになれます。

自分に自信を持つという意味で、この気持ちは非常に重要ですね。

そうなってくると小さいながらも探究心が芽生えて積極的行動できるようになってくるし、賢くなっている自分に酔いしれるようになります。

こうやって自分に少しづつでも自信が付いてくると、日中の仕事に対する考え方も大きく変わってきます。

もっと効率よく出来んるんじゃないか?

この作業本当に意味あるの?

上司って案外何も考えて無いんだなぁ。

こんな感じに次々と疑問が湧くようになって、それに向けて改善していこうと思えるようになります。

そうなれば会社からの受けも良くなりますよね。

 

今までは、自分に関係ないと思うような勉強会や講習なんかはほぼ出席して来なかったし、関係ありそうな内容ですら講義中は上の空でした。

全くもってダメダメのサラリーマンでした。

だから今までの自分は社畜だった訳ですよ。

でも自ら学ぶようになってからは、色々なことに疑問を持つようになったし、あれだけ嫌いだった今の仕事に対しても、良い方向に働きかけが出来るようになりました。

見識が広がるって凄いことなんだなって本当に実感出来るようになります。

ちょっとでも目を止めた情報なら拾いに行くべし!

そうはいってもイキナリ勉強しろって言ったって何からやれば良いんだ?

こう思うはずですよね。

簡単です。

少しでも目を止めたものからで良いんです。

普段なら、

まあ良いか、

とスルーしてしまう内容でも、あえて立ち止まって目を向けてみるだけです。

そこから始まります。

それは趣味でもいいですし、勿論社内研修や社外研修でもいいです。

何でも良いんです。

今の自分の生活に無いものなら!

そこから得られる情報や知識や見識は、あなたを間違いなく進化させてくれるはずです。

そこから未来に向けた選択肢が少しづつ増えていけるはずです。

見識が狭いとやりたいことすら見つからない!

2016.11.22

最後に注意点だけ

間違っても天狗になって、日中の業務に望まないよう心掛けましょう。

自分自身が新しい目線で成長を感じ始めると、以前の自分と同じ目線で仕事している人たちと急に会話が合わなくなります。

それは上司とて例外ではありません。

今までは飲み会で上司や客や会社の悪口なんかを楽しんでいたことも、急にそんな小さなことに興味がなくなり、そんな会話すらバカバカしくなります。

間違っても、相手を非難するような言動をしないように心掛けましょう。

 

頑張れ自分(`・∀・´)

ではまた!

スポンサーリンク