我が家の芝生はスギナまみれ。こればっかりは除草剤に頼ろう。

皆さんは芝生の手入れはどうしているだろうか。妻から芝刈りが大変だよと言われていたので、まあその程度の手入れは必要だろうなとは思っていたが、芝刈り以前に春になるとスギナまみれになる。本当に庭をめちゃくちゃにしてくれる雑草だ。抜いても抜いても生えてくる。全くもってイライラするわぁ。

芝生には強力な味方がいる。それは『シバキーププラスα』だ

DSC_8951

つまり除草剤のこと。こいつの優れているところは芝生を生かし、雑草を蹴散らしくれる画期的な除草剤。除草剤は粒状なので芝生の上にパラパラ撒くだけ。噴射式ではないので、丁寧に巻けば周りの植物に誤ってかけてしまう心配はない。使用時期は大体3月中旬ぐらいからが良い。雑草が生える前に撒き散らしておけば効果が期待できる。逆にある程度雑草が成長していると除草効果が鈍るので使用時期には気をつけてほしい。

今年はノンビリしていたので上の写真のようにスギナが生えまくってしまった。そのため、慌ててスギナを抜いた後に除草剤を撒いておいた。昨年はこれで撃退できたため、しばらくは生えてこないはず。

DSC_9101

スギナが本領を発揮してくる4月下旬頃でも、シバキーププラスを撒けばほとんど雑草は生えてこない。写真はシバキーププラスを撒いた4月上旬から2週間ほど経った芝生の状況だが、雑草まみれにはなっていない。

DSC_9102

若干細い雑草はいるものの、この程度の被害で済んでいる。

まとめ

シバキーププラスαは完全に雑草を防ぐことはできないが、それでもかなり雑草を抑制を期待できる商品だ。今回はシバキーププラスαを撒いた時期が遅かったことも雑草が生えてきてしまった要因かもしれない。来年は3月上旬ぐらいから撒いて事前に雑草対策をしておこうと思う。

スポンサーリンク