お庭で育てる落葉低木:紫陽花(霧島の恵)

ここでは実際にお庭に植えた場合の紫陽花(霧島の恵)の成長記録を紹介していくページです。1年を通して紫陽花(霧島の恵)がいつどんな風に芽を出し、どんな花をつけて、そしてどんな風に枯れていくのかを写真を載せながら紹介しています。ここでは月日を追って随時更新していく予定です。

他のサイトでは満開時の写真が載ってるだけで、1年を通して成長がわかる写真がほとんどありません。そのため、これから紫陽花(霧島の恵)をお庭に植えようと考えている方達は、ぜひこのページを参考にして頂ければと思います。実際にお庭に植えた場合の感じが掴めたらと思います。

紫陽花(霧島の恵)を植えようと思ったきっかけ

2015年梅雨時期に植えた紫陽花(霧島の恵)。実家にもあったことから個人的に紫陽花は気に入っている植物なので購入した。

植えた場所について

家の北側に植えた。日当たりは半日陰の場所。紫陽花はそれでも育つらしいのでとりあえず様子かな。

植えた場所の日照:朝方=日陰 昼頃=日向 夕方=日陰(塀があるため)

2016年4月9日時点。(植えてから約1年が経過)

購入当初は小さな花が2つだけ付いている状態で庭に植えたが、結局大きく育つことはなく花は枯れてしまった。秋頃に枝の伸び方が雑だったので根元近くまで剪定した。それもあって、枯れたような姿になってしまい、冬越しできないかなと思ったりもしたが、無事に芽を出し始めたの枯れてはいなかったようだ。このまま大きく成長してくれると良いのだが。

DSC_8818

2016年4月30日時点。(植えてから約1年が経過)

わずか1ヶ月足らずでここまでのサイズに成長してくれた。今年は期待できそうだ。頑張ってたくさんの花をつけて欲しい。昨年購入してきたサイズぐらいには成長した。

DSC_9217

現時点ではここまで。続きはまた日を追って更新します。

その他のオススメの植物達について

ここで紹介した植物以外にも、お庭で育ている植物達の観察記録がたくさんあるので是非参考にしていって下さい。

DSC_9320
お庭で育てる植物達一覧へ

スポンサーリンク