電線の位置や高さは電力会社に伝えれば変更できるぞ

土地を購入した時からずっと気になっていた箇所がある。それは電線の位置だ。電線の位置は変更依頼できるので、実際に私が依頼した内容を詳細に説明しようと思う。もし電柱や電線の場所が気になっている人は是非このブログを読んで参考にしてみて欲しい。

困っているなら遠慮なく電線の移設依頼をするべき

私の場合は、わずかながら電線が土地の真上にかかっている感じがしていた。(厳密にはギリギリのところではかかっていなかったと思う)それだけではなく、若干低い位置に設置されてもいたため、二階から棒で叩けそうな位置にあった。しばらくは放置していたが、デッキに鳥フンが落ちてくることと、庭木を本格的に植えるにあたり、植木が成長したら電線に引っかかるだろうなとの考えから、電線の位置の変更依頼をしようと考えた。色々なサイトで調べてみると、権利関係がどうたらこうたらと難しいことが書いてあるが、要は自分の土地の真上にかかっていることや、鳥フンで迷惑しているなどの理由があれば交渉できそうだということがわかった。それに二階の窓と同じ高さにある電線もどうかと思っていた。

ちょうどそんな動きをしているときに、近所で何やら電線工事をしている方を見つけたので声をかけさせてもらった。その方は電力会社の方では無かったのだが、とても親切な方で、こちらの事情を説明したら電力会社への問い合わせ方法を教えて下さった。具体的には電力会社の連絡先と、問題となっている電線の電柱番号を教えてくれた。電柱番号は電力会社に連絡するにあたり、必要になる情報なので電柱をよく見てみてみれば番号が割り振られていることがわかるはずだ。その番号を電力会社に伝えよう。

担当者による運もあるかもしれない

教えてもらった情報をもとに電力会社に問い合わせたところ、担当者を後日向かわせますとのことで1週間後ぐらいに担当者の方が来てくれた。

こちらの事情を立会いのもとで説明すると、直ぐ状況を理解して下さったようで、アッサリと高さ50センチメートル上げることと、さらに土地から50センチメートル離すことを決めてくれた。厳密に電線が土地にかかっているのか調べるのかと思いきや、簡単に目で確認した程度で決めてくれたので正直拍子抜けしてしまった。しかも料金は無料とのこと。

移設時期は1ヶ月後になると言われた。担当者の方が人が良さそうだったので駄目元で来週にしてくれと言ってみたが、そこはやはり駄目だった。

それにしてもネットで調べた感じでは、権利関係の問題とか費用の問題とか色々書いてあるが、実際は特に面倒な事はほとんど無く、アッサリ解決したので担当者による運があるのかもしれない。私は恵まれていた方だろう。

そして予定通り1ヶ月後に移設工事が始まり、完了後に確認してみたところ、あくまで目視なので正確な数値ではないが、50センチメートルどころか1メートルぐらいは、それぞれの位置で移動してくれていた。

まとめ

電線移設はネットで調べてみると色々と大変そうなイメージになるが、こんなにアッサリ解決するのであれば、もっと早くから連絡しておけば良かったと思う。景観を損なうとかいうような個人的な感覚論ではなく、実際にこんな状況で危なそうだというような内容であれば、それは移設を申し込める正当な理由になるので臆せず連絡してみると良い。気になる人は難しく考えず、速攻で連絡しよう。私のようにアッサリ解決できるケースもあるはずだ。

絶対に注文住宅で失敗しない購入方法が分かる関連記事

家作りの注意点:住宅購入の流れと注意すべき点・失敗しない購入方法

2016.03.20

スポンサーリンク