父ちゃんが実践した3日で1歳児の夜泣きが治る必勝法!

はじめに

最近になって夜泣きが始まった我が子。

というか数カ月間続いている状態。

一歳と半年になるんだけど、夜中何度もオッパイを欲しがってママはヘロヘロ状態。

我が家は共働きなので、ママの睡眠不足が原因で体調を崩してしまっては大変。

そんな中、父ちゃんはどうしていたかと言うと、別部屋でスヤスヤ寝てました。

スミマセン(;ω;)

 

一応言い訳させてもらうと、以前は父ちゃんも一緒に寝ていました。

でも夜泣きはオッパイ飲まないと治らないので、父ちゃんは戦線離脱。

当時はママもまだ育休中だったし、ママの許しを得て父ちゃんだけ別部屋で寝ることに。

でも育休明けからはママも働くようになって、仕事をしているという意味では父ちゃんと条件は同じ。

今までは父ちゃんだけ別の部屋に寝ていたけど、最近の夜泣きは半端無いので、ママの寝不足を解消目的に父ちゃんが我が子と寝ることにチャレンジしました。

 

そしたらあら不思議。

最初は戦場だった父ちゃんと我が子の寝室は、3日目辺りから平穏になりました。

 

案外簡単に夜泣きが治ったので、ここでその内容を紹介しようと思います。

 

もし夜中に夜泣きで苦労しているママさんは、旦那さんに協力してもらうだけで簡単に夜泣きが治るかもしれませんよ。

この方法はママだけでは恐らく実践出来ないと思います。

その理由はこの記事の最後に書いてありますので、時間が無い人はこの記事の最後だけでも見ていって下さい。

金曜日夜1日目

チャレンジしたのは金曜日の夜から。

何故なら土日が会社休みだからね。

どんなに寝不足になっても、次の日が休みなので気持ち的に楽になれます。

寝る前にはオッパイの代わりにいつでも我が子に水を飲ませられるように寝室に準備。

当然ミルクは却下。

だってそれではオッパイあげているのと変わらないからね。

夜泣きの原因の一つにオッパイがあると思ったので思い切って水だけ作戦にしてみました。

 

我が子は20:00前にママからオッパイを貰いながら添い寝するルーティーンで就寝します。

いつも通り無事に我が子がお休みに入ったら、ママは退散。

 

そしてここからがゴング開始。

 

父ちゃん頑張れ!!

 

早速23:00頃にギャン泣きが始まる。

まだ父ちゃんは起きていたので、即効で駆けつけて抱っこしてあやしてみる。

全然効果ねぇ〜o(`ω´ )o

暴れる暴れる!

降ろせと言わんばかりに暴れまくる!

水を飲ませようとすると、手で払いのける始末。

再び布団に寝かせても泣き止むどころか、さらに奇声を発し続ける我が子。

 

そうこうしているうちに、ママが駆けつけてきたので、

 

ここは父ちゃんに任せろ!(`・∀・´)

 

という事でママを退散させる。

その後何度も抱っこしては、また布団に戻すという作業を繰り返し続けて15分。

流石に父ちゃんもへばってきたので、添い寝で泣きじゃくる我が子の背中をナデナデ。

30分ぐらいでようやく寝てくれた。

この時点で深夜0時。

 

確かにこれを毎晩ママがやっていた事を考えると、父ちゃん少し反省。(;ω;)

・・・・・

そして午前2:00頃、再度我が子が覚醒してしまった。

すかさず水を飲ませようとすると、嫌がられてしまう始末!

また添い寝で背中をサスサス。

このときも1時間ぐらい戦ってようやく静かになる。

しかし、その数分後に再び覚醒。

勘弁してくれぇ〜(;ω;)

と思いながらも、父ちゃんの中で闘志が湧き始め、

今夜はもう寝ねぇ〜(`・∀・´)

と覚悟を決め、再び添い寝であやし続け、ようやく3:00頃に寝てくれた。

その後父ちゃんはもう寝る事を諦め、音楽聴いたり漫画読んだりと、学生時代はよく夜更かししてたなぁなんて思い出に浸りながらゴロゴロしてました。

・・・・・

そして4:00頃、またまた我が子が覚醒。

でも父ちゃんは平気。

だって、もう寝てないからね!はい(・ω・)ノ

さあ、水を飲めぇー!

と口元に持っていくと、ゴクゴク・・・スヤスヤ・・・

お!?寝たか!?

なんと、そのまま寝てしまった。

ゆっくりと我が子を布団に戻し、父ちゃんも横になって寝ることに。

・・・・・

・・・・・

朝の7:00頃、ギャーと目覚まし時計以上の泣き声で父ちゃんは目を覚まし、再びあやすも泣き止まず、ついにママが参戦してオッパイをあげて1日目の戦いは終了!

 

確かにこれが毎日は辛いな!

でも一晩一緒に寝てわかった事は、オッパイが無くても寝てくれるという事。

きっと目が覚めたときは不安が理由で泣いていたに違いない。

2日目の夜は下手に抱き抱えず、添い寝で安心させてあげようと思いました。

少し弱音を吐きかけたけど、明日も休みだからまた今晩頑張ろう!

土曜日夜2日目

いつも通りのルーティーンで20:00頃な我が子は就寝。

さて、今晩は添い寝をし続ける作戦だ!

さみしくない事を分からせる事を目的に頑張ろうと目標を定めて、

2日目の夜のゴング開始。

想定通り23:00付近で夜泣きが始まる。

毎回同じ時間帯に夜泣きが始まるのもある意味凄いと感心しながら、添い寝で話しかけてみる。

心配ないない、寂しくないない。

と、自分でもよく分からないリズムを取りながら小さい声で話しかけてみる。

すると、我が子はモサモサするものの、泣く声も1日目よりは小さい感じ。

30分ぐらいで寝てくれた。

少しだけ改善したかな?

この後は父ちゃんも寝ることを決意し、そのまま添い寝で寝ることに。

流石に2日連続徹夜は辛いですからね。

・・・・

・・・・

ギャー!

始まった。

本日二回戦目のゴング。

今が何時なのかも分からないが、布団から落ちているのを拾い上げ父ちゃんの横で寝かせてみた。

心配ないない、寂しくないない。

自分でも再度よく分からないリズムで歌っていたと思う。

・・・・

自然と我が子は泣き止み、スヤスヤと寝てくれた。

そして朝方。

日が出始めた頃だとは思うが、我が子が父ちゃんの肩を座りながら叩いていた。

なんて可愛いんでしょぉ〜。

すぐ横に寝かせてあっという間にスヤスヤ。

このまま8:00頃まで寝ていた。

 

1日目からすると凄い改善だった。

夜泣きはするものの、割と直ぐに寝てくれるようになった。

これは期待できる。

やっぱりオッパイが原因だったか?

ということで、このまま添い寝作戦を継続することを決意。

日曜日夜3日目

20:00に我が子は就寝。

22:00に父ちゃん添い寝開始。

・・・・・

・・・・・

ギャーギャー!

やばい前日より声が高い!

どうやら布団から落ちたようだ。

早速拾い上げて添い寝してみる。

すると数分モサモサした後直ぐにスヤスヤ寝てしまった。

・・・・

フギャー!

モサモサ。

スヤスヤ

お!?

2回目の夜泣きは数秒で終わったぞ。

そして平日の起床時間を迎えることに。

 

キター!(`・∀・´)

3日目はほとんど夜泣きがなかったぞー!

数カ月ママが悩んでいた夜泣きがほとんど泣く一晩過ごすことに成功しました。

父ちゃん頑張りました。

たった3日ですけど!(・ω・)ノ

その後、数日間は一緒に父ちゃんと我が子2人で寝ていますが夜泣きはなくなりました。

夜中に我が子は2回ぐらいは目を覚ましているみたいだけど、父ちゃんの横にいることが分かれば、直ぐにスヤスヤ寝ています。

以上のことを踏まえ

実はまだ試していないことがあります。

そうです。

まだママと我が子でも大丈夫かは検証していません。

少なくとも1ヶ月ぐらいは父ちゃんと添い寝するようにしようと思っています。

ママと添い寝してしまうと、またオッパイオッパイと騒ぎ始めるかもしれないので、完全に朝まで寝るようになってからママと添い寝しても良いかなと考えています。

 

今回は父ちゃんが我が子と一緒に2人で寝るだけで、夜泣きが改善しました。

どの子にも当てはまるかは分かりませんが、少なくとも夜泣きで悩んでいるママさんは、是非旦那さんに協力してもらうと良いと思います。

父ちゃんが一緒に寝るだけで夜泣きがなくなるなら大した苦労はないはずです。

仕事を理由に断る旦那には連休中とかにお願いしてみましょう。

きっと効果が出ると思いますよ。

スポンサーリンク